知らないと損する海外旅行保険の

アジア短期はかけないのですが、アメリカや
ヨーロッパのちょっと長めの旅行には「カード付帯」
に「プラス保険」をかけていきます。

通常はトランクから荷物を引き出し パスポートをしまう時に
一緒に入れている「海外損害保険症」をポイって捨てているのですが・・・

先程中国に留学している人が悪徳医療機関に不正利用されている
ケースのニュースを読んで初めて知ったことですが・・・

帰国後も保険適応期間は継続しているんですね?


>日本の海外旅行保険は、非常に親切で優れた制度であるがゆえに悪用されることもある。
他にもあまり知られていない保険ルールが存在する。

 たとえば、海外で治療を受けた同じ病状であれば、帰国後も180日間は継続治療できるというもの。
当然ながら保険が適応されるのでキャッシュレスとなる。
また、保険適応期間も出発前日から帰国後48時間(保険会社によっては72時間や24時間も)あり、
帰国してからも不誠実に使おうと思えば使えてしまう制度なのだ
> MSNニュースから引用

知らなかった~~ 捨ててました!

例えば帰国後1日して「下痢が始まった場合」 適応してるんですヨネ?
chaina.JPG

これは注意!

大切なことなのでご報告です~